ブログ アーカイブ

2017年6月7日水曜日

老化をストップさせるホルモンを分泌して心も身体も若返る









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 目次


見た目年齢が若いと内臓も若い?


見た目も内臓も若さを保つには?


若さを保つホルモンの分泌を妨げる生活習慣とは?


その他のホルモンの働き

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 見た目年齢が若いと内臓も若い?          


女性だけでなく男性にとっても気になる見た目年齢ですが、


見た目と中身がイコールだと言われています。


どういうことかと言うと・・・



見た目が年齢よりも若く見える人と、歳相応の人の血圧・血管年齢などを調べると




見た目が若く見える人の方が、体の中も若いという結果があるそうです。


それでは一体、見た目が若く見える人と、歳相応の人は何が違うのでしょうか?



どうしたら見た目も、身体も若く保つことができるのでしょうか?




 見た目も内臓も若さを保つには?         











グレリンという、老化をストップさせるホルモンが注目されています。

(1999年に日本柄で発見された)

心臓・血管・腎臓など臓器を若々し、見た目も年齢よりも若く見せてくれるホルモンです。






低酸素状態が、体の老化を進めるのです。





________________________________________
引用 元
慶應義塾大学医学部・腎臓内分泌代謝内科・伊藤裕 教授

細胞は酸素を使って、糖分と脂肪分からエネルギーを作っている
エネルギーがあることで、細胞は活動を保てて元気になる

老化するということは細胞自身の機能が衰えて、

エネルギーが作り出せなくなっている状態にある。


_______________________________________








酸素が不足すると、細胞が活動できなくなります。



老化を防止すると言われている『グレリン』がたくさん分泌されると、


細胞がしっかり酸素を使って、エネルギーを作り出すことができます。


エネルギーをうまく作り出すことができないと、細胞に老廃物が溜まり、


身体を老化させて、病気を引き起こしたりするのです。




では、どうやってグレリンを分泌させるのでしょうか?


体内で作る事はできるのでしょうか??



答えは・・・・できます。



お腹が空いた状態がグレリンがたくさん出ている状態なのです。



空腹を感じると胃から分泌されるホルモンが、グレリンです。


空腹になればなるほど、たくさん分泌されるという事です。



グゥーと言う音が出るほどお腹が空いてから、ご飯を食べること。


常にお腹が一杯の状態では、グレリンは分泌されず身体は老化するのです。




 グレリンの分泌を妨げる生活習慣とは?      




・お腹が空いていないのに、時間になるとご飯を食べる。


・頻繁に間食する


などです。


音はならないけど、空腹を感じる状態でもグレリンは分泌されていますが、


お腹がグゥーとなった時に一番分泌されるので、その音を楽しんでから食べる。というのが


理想です。



お腹の音をグゥーと出すために、おいしそうな食べ物の写真を見たりするのも


効果があるようです。


お腹が空いたと感じていなくても、美味しそうなものをみたり、匂いを嗅ぐと条件反射で


空腹を感じたりしますよね。



次の食事時間になっても空腹を感じていなかったり、お腹がならないときに、


料理番組を観たり、おいしそうな料理やお菓子の写真を見たりすることをお奨めします。




他にはどんなホルモンがあるのでしょうか?




 男性ホルモンと女性ホルモン           




ホルモンと言えば・・・男性ホルモンとか女性ホルモンなど良く聞きますね。


以前から言われていますが、利き手の人差し指と薬指の長さから、男性ホルモン・


女性ホルモンのどちらが多く分泌されているかが分かります。




男性ホルモンが多く分泌されていると、外形的にはがっしりとした体となり、


内面的には、さばさばとして、潔い性格になると言われています。


逆に女性ホルモンが多く分泌されていると、外形的には丸みのある柔らかな体格となり


内面的には女性らしい穏やかな性格になると言われています。



これは男性だから、男性ホルモンが多く分泌されているわけではなく、


女性であっても男性ホルモンが多く分泌されている事もあります。



では、私の場合はどちらが多く分泌されているか?を知る方法は・・・








利き手の人差し指と薬指の長さで判断します。


・薬指が長い場合・・・・・・男性ホルモンが多い



・人差し指が長い場合・・・・女性ホルモンが多い





これはお母さんのお腹の中で、きまっているそうです。



お腹の中で男性ホルモンが多く分泌されていたら、薬指が長く


女性ホルモンが多く分泌されていたら、人差し指が長く形成されるのです。



アドレナリン・・・闘争心・逃走


 効果:血圧・血糖をあげる。筋力を高める



・セロトニン・・・ゆったりとした気持ちにさせる・血圧も下げる



お腹が一杯になるとゆったりとした気持ちになるのは、セロトニンの効果であり


セロトニンホルモンがうまく分泌されないと、鬱病の原因になる場合もある。




私達の体を作っているたくさんの細胞に、大きな影響を与えるホルモンが


良い働きをすることができるように、


規則正しく生活をして、心も身体も健康に保っていきたいものです。



1.食事は規則正しく、お腹がグゥーと鳴ってから。


2.間食は控えめに。


を守って見た目も中身も若々しく保ちましょう。







0 件のコメント:

コメントを投稿